樹脂サッシの効果

これで納得!樹脂サッシの優れているところ

■素材・・・・樹脂の熱伝導率はアルミの約1000分の1

樹脂の熱伝導率は、熱を伝えやすいアルミに比べて約1000分の1です。外気温の影響を抑えるので結露が生じにくく、カビ・ダニの発生を防ぐというメリットがあります。

あなたも実は、樹脂とアルミの違いを体感しています

お料理に使うアルミ鍋を思い出してください。取っ手部分は、アルミの熱を手に伝えないように、樹脂でできています。

■構造・・・省エネ、結露防止、遮音効果が高いワケ

樹脂サッシは、素材のもつ特性を生かして考えられた、「サッシの構造」にも特徴があります。外窓、内窓それぞれに、省エネ・結露防止・遮音効果を高める工夫があります。

【外窓】

断熱効果を高めるために、サッシ内部が多層構造になっています。サッシの断面図を見ると、中はいくつもの部屋ができているため、熱や音がすんなりと出入りすることはできません。

【内窓】

外窓との間にできる空気層が、より効果的な断熱性能、遮音性能を発揮します。特に、騒音対策のために線路や幹線道路沿いの建物では、新築時に内窓を採用するケースが増えています。

■ガラスの性能選びも重要なポイントです

あなたも実は、樹脂とアルミの違いを体感しています

ガラスとガラスの間に空気を挟んだ複層ガラスは、日本で一般的に使われるようになりました。現在日本では、エコガラスとも呼ばれるLow-E複層ガラスが使われ始めましたが、海外エコ先進国では、三層複層ガラスの普及が進んでいます。

表中の数値はガラスの熱貫流率です。→ガラスメーカーによって異なる場合があります

樹脂サッシは快適生活に欠かせない建材です

  • 省エネ

    貯金できる樹脂サッシ

  • 結露防止

    外気温0℃でも安心!

  • 気密・水密性

    風にも雨にも強い!

  • 健康生活

    元気に快適に過ごしたい人に

  • 遮音

    不快な騒音をシャットアウト

  • デザイン性

    窓がお洒落な家って素敵